2012年06月16日

ラジコン業界裏話?

店長、ラジコン屋をやるにあたっては業界関係者の方から色々な裏話や仕組みを聞いてましたが、知らない話もあります。

業界関係者の方が書いてると思われるブログがありました。

http://blog.livedoor.jp/hotblend/lite/archives/2190260.html

店長の認識とは微妙に違う部分もありましたが、知っている部分は、ほぼ一致してました。

知らない事もあったので勉強になりました。
posted by OVER RUN店長 at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジコン業界って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

世間一般でラジコンとは。


image-20120419131040.png

店長のマイカーのフロントガラスにはラジコンショップOVERRUNのステッカーが置いてある。

そんな絡みで最近、ラジコンを全くやったことない人とラジコンの話することがよくある 。

そんな人たちとの話の中で最初に 感じるのはラジコンに対する認識の違いだったりする。

店長の小規模調査によると、ラジコンもほとんどやったことがない一般の人から見たラジコンとは、子供のオモチャであり、動く模型であり、プラモデルの一種であるらしい。

言われてみれば、店長も昔はそうだったような気がするし、普通に考えたらそうなんだろうなとも思う。

しかし今現在店長のラジコンに対する認識は、子供にはとても手が出せないオモチャであり、模型というよりはハイテク機器であり、プラモデルというよりは競技をするための道具、という感じだ。

どちらが正しいと言う話ではないが、ラジコンの本質を知れば、やった事ない人でもラジコンにのめり込む人が何人かはいるような気がする。

そんな事を思う、今日この頃です。
posted by OVER RUN店長 at 13:12| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジコン業界って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

とりあえず続き


店長が思ってること書いてるだけなので間違ってることもあるかもしれませんので宜しくです。m(__)m

RCレースも全日本などのビックイベントともなると、必要な参戦費用も少なくはないと思いますが、上位に残れないと分かってて毎年苦労して参戦費用を捻出する人は少ないように思います。

膨大な時間を費やし真剣に取り組むなら、周りの人を納得させるそれなりのコウジツが欲しいのが大人なんじゃないでしょうか。

20年前と現在でもかなり違うでしょうし、皆さんいつまでも独身じゃないでしょうから家庭のある方は時間作るのも大変です。

現在の景気に左右されてる部分もかなりあると思いますが、選択枠の多さやそれらのテストに費やす時間もなかなか取れないのも事実なんじゃないでしょうか。

店長が今までレースに参戦してきて嫌だなと思ったのは、実力が出せなかった時でした。マシンのセッティング不足やノウハウ不足、練習不足、体調不良、理由は色々ありますが、実力が出せそうにないならば参加するのも考える要因になるんじゃないでしょうか。

ラジコンと実車のサーキット走行の最大の違いは、何も気にすることなくプロドライバーと初心者が同じサーキットを同じ時間に走れることだと思いますが、これが最大の利点でありますが欠点でもあるように思います。

色々と議論を重ねることになり線引きが難しくなると思いますがプロとアマチュアの違いを明確にしてクラス分けするのが良いような気がします。腕だけで分けるのではなく目標なども含めて。

練習して上達すれば優劣つけたくなるのが人間、競技大会は必要不可欠だと思います。ドリフトでもイベントが中心になっていくんじゃないでしょうか。

おしまい。
posted by OVER RUN店長 at 00:31| 岐阜 ☀| Comment(0) | ラジコン業界って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

10年ひと回り。


ラジコン業界は10年でひと回りして10年前に流行ってた種目がまた流行る。

と、誰かから聞いた記憶がありますが。

F1はそんな感じですかね?

しかし10年前はドリフトなんて種目は無かったですね。(笑)

なにはともあれ、店長が本格的にラジコン始めた20年前は電動カーはF1と12とオフロードバギーしかなかったと思いますが、近年はドリフト・クローラー・Mシャーシ・レーシングトラック・ショートトラック・ミニッツ・まだ色々あると思いますが、言い出したらきりがないくらい色んなカテゴリーが存在しますね。

お店やってる側としては大変なんですが、色々選べるってのは良いことだと思います。

そんな中、ラジ本でEPツーリングが危機的状態との記事が目に付いた。

ラジコン屋の店長としては、かなり気になる内容。

色々考えさせられた。

大ブームを巻き起こしたEPツーリングがここまで衰退した理由。

店長なりに考えてみた。

そもそもレースとは、参加者が多けれは多いほど優勝したときの喜びは大きいように思う。

たとえ優勝できなくても、実力を出し切れれば満足できるし、前回より順位が良ければ、自分の成長も見えて楽しい。

店長はレース好きなので好意的な書き方になってしまいますが、逆に自分がレース嫌いな人だったらどう思うか考えてみた。

レースなんて、1人のヒーローと、その他の引き立て役の人々じゃん!

あえてレース好きな人にはカチンとくる書き方をしてみたけど、こう思ってる人も多いような気もします。

次回につづく。



posted by OVER RUN店長 at 00:58| 岐阜 ☁| Comment(0) | ラジコン業界って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする