2016年04月13日

とあるニュース

 子供を預ける保育所が見つからない待機児童問題がなかなか解消しない。そんななか千葉県で今月、開園予定だった保育園が、近隣住民から「道路が狭く危険」「子どもの声で騒がしくなる」という声など反対が相次ぎ開園を断念していたことがわかった。

■都内の住宅街に建つ保育園では、子供たちの声が漏れないように、民家がある側には防音壁を設置している。これは、住民の要望などを受けて施したもの。保育園の運営には、近隣住民の理解が必要だという。

■千葉県市川市の住宅街。今月から、保育園が開園する予定だったが、現在も更地のままだ。実は近隣住民の反対にあい、開園を断念したのだ。

■市川市によると、社会福祉法人「成未会」が去年3月、市側に保育園建設の申請書を提出したのだが、近隣住民が市役所を訪れ、建設反対を訴えたという。

■反対する住民からは「私たちには静かに暮らす権利がある」「周辺の道路がせまく、保育園ができると車や人の往来が危険」などの声があがった。

■そして今年1月に、市役所に住民側から反対の署名が届き、先月、成未会は開園断念を決定した。

■待機児童の数が、去年4月の時点で全国市区町村の中で9番目に多いという市川市。市としては待機児童を減らすために、今後も対策を取っていくとしている。

私が思うに
これから子供を、この保育園にと思ってた親の話はないけど、待機児童が多い地区なら保育園建設した方が助かる人は多いはず。
ちょっと我慢していただければ待機児童がへらせるんです!
そんな正論が通じないのが今の日本ですかね〜。
posted by OVER RUN店長 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 店長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック